top of page
検索

【体験】児童養護施設あおぞら












「妖怪を描こう」


当日は小学生のみの参加で、男子14人、女子1名でした。

第1回目の低学年の時は、

「オリジナルの妖怪を描いてもらいたいと思います」と伝えると、

私の話よりも先に「はやく描きたい!」の声。

そこまで湧いてくる想像はどうなものなのか!?と気になっていると…

でるわでるわ、新 妖怪の姿。今、自分の頭の中に浮かんだ 妖怪を

そのまま描くんだ!と憑りつかれるかのように筆を動かしていました。

第2回目の高学年の時は、説明や実演が終わると少し考えるモードに。

いざ決まると本番に向けて静かに練習し、挑戦。

妖怪の絵が完成すると次は妖怪の名前を決めます。

その時に書く予想外の名前を見て、ご一緒していただいた心理士さんと

目を合わせて「すばらしいセンスですね…」と感心するばかり。

オリジナルの妖怪となると人間の内面が露になります。

「どういう妖怪なの?」と聞くとそこにはちゃんと

ストーリーがあることにも驚かされました。


あおぞらのみなさん、そして先生方のご協力も

本当にありがとうございました!




Comments


bottom of page